劇団道化の「知覧・青春」を観に行った。

4月の国分公演以来、久しぶりに行った劇団道化の芝居。こども劇場主催ではあるものの、知覧=戦争ものということで「やや大人向け?」と思ったけど、とりえあず小学校2年生の長男と一緒に観に行った…が!

面白い!大人も子どもも面白い!うちの長男は最前列の真ん中で、げらげら笑ってた。そこ笑うシーンじゃないよ…というところでも笑ってたけど。

Chiran_seishun_1

知覧といえば特攻。となればそれをタイトルに掲げる芝居ではどうしても、若者の死から生み出される「悲哀」がベースとなって、その”陰”が前面に出てしまいそうになる。もっと言えば暗い芝居になりがちだと思う。でもこの「知覧・青春」の描く「悲哀」はちょっと違った。それは若者の”死”から生まれる悲哀ではなく、若者の”生”が生み出す悲哀だ。同じ悲哀でも、その根もとが死なのか生なのかで、ぜんぜん芝居の雰囲気が変わってくる。あえて対比して言えば”陽”の雰囲気。でも決して軽薄な”陽”ではない。戦争というバックボーンを強要される陰鬱な時代で、自分の存在意義を賭けて全力で”陽”であろうとする、その若者の意志とエネルギーが生み出す、ド真剣な”陽”だ。この「知覧・青春」は、”陽”の悲哀で戦争と知覧を語る、とっても素晴らしい芝居だと思う。

12月は薩摩・大隅、1月は島の各地で公演があるので、たくさんの人に観て欲しいとつくづく思った。

あと、舞台セットの工夫も見所かも。こーんな簡素なセットで、こんなにも豊かに表現できるものなの?とビックリしたよ…。

明和電機来る。

霧島アートの森の夏休み企画「明和電機 ナンセンス=マシーンズ展2006」を見に行ってきた。全く役に立たない機械…というコピーに親子で惹かれて、あの山奥に行って来た。

ナンセンス=マシーンのなかで、最大のセットだったのがこれ。

Maywadenki

自動演奏マシーン。

ま、これは自動演奏…という風に役立ってしまうので、どちらかというとナンセンスではないけど、ほかの展示には意味不明のナンセンスがけっこうあった。

でもどうしても「なんの意味があるんだろ?」って考えてしまうので、おれはナンセンスには向いてないかも。

明和電機の社長は「デジタルの次にあるアナログなものを目指す」って言ってるらしく、なんかすごいかも。

拓ちゃん…

そうこうして垂水から引き返し、姶良に到着。

ついに!ついに拓ちゃんとのご対面だ!!

Taku_chan

拓ちゃん…。

あこがれの拓ちゃん!

会うともう舞い上がってしまい何を言って良いか分からず、「拓ちゃん、いつも応援しています!鹿児島で絶対ナンバーワンのタレントですよ!」と言ったら、拓ちゃんは「いえいえ世界ナンバーワンですよ」って絶妙なジョークまで…。

今日は拓ちゃんが1日店長である…ということだけで、妻用携帯にドコモとの契約をしました。自分自身はvodaにも関わらず。しかも何ごとにも「非主流派」を貫いていて、いつもは市場No.1の商品は買わないにも関わらず…。

拓ちゃん…。

拓ちゃんの1日店長は17時には終わり、拓ちゃんはマイカーで一人次の仕事に向かいました!

拓ちゃん、また握手してください…。

劇団道化を見に行った。

友だちに誘われて、国分の総合福祉センターに子供向けの劇を見に行った、3歳の長女と。

 太宰府を拠点にしている劇団道化というところの「しょうぼうじどうしゃじぷた」という公演だ。
 劇団道化って、すごいね。たいした小道具を使ってないんだけど、小道具を操る役者さんの声と表情で、その小道具の周りにいろんなイメージがわき上がってくる。ぱっと見はなんとなく「子供だまし?」なんて思ってしまったが、見て少し経ってから、そのクリエイティブさにびっくりした。前座的な感じで「なにができるかな」というのがあったが、にんじんやはくさい・ねぎなどの野菜をつかって、それらを組み合わせることによりいろんな動物を表現して、子供たちをわーっと沸かせていた。あれはすごい。
 メインの「しょうぼうじどうしゃじぷた」も、3人の役者さんで10人分くらいのキャラクターをこなすのだが、中心となるジープタイプの小型消防車(=主人公じぷた)や悪役大型消防車や救急車などは、おもちゃ屋に売っていそうな、柔らかい車型のぬいぐるみだ。これを役者さんが手で操って芝居が進行する。正直なところただのぬいぐるみ…。でも役者さんの感情がぬいぐるみに乗り移って、表情を持ち出すからフシギだ。
 人形劇とかって、ふつう役者は隠れていて、人形そのものだけが登場すると思っていたが、劇団道化のそれは違う。役者さんが全身登場して、全身で芝居をする。人形劇なのに。とても新鮮だった。

でもなんか少しショックだったのが、子供たちの笑い・喜びのツボが理解できていない自分に気づかされたこと。劇中でところどころ「なんで子供はココが面白いんだろう?」と感じてしまうところがあって、「あ、なんかおれは子供のことが分かってないんだな。」と思った。

マニアっぷりに驚かされたこと。

長男の友だちつながりの近所のお宅に、晩飯をごちそうになりがてら遊びに行った。
そのお宅の旦那さんとずっと話をしていたのだが、一通りの飲み食いが一段落して、
子どもたちが遊んでいる部屋にぶらっと入ってみた。こんな部屋…。

Speaker














なんですか?この大きな木の家具は??

あんまりにも大きな家具がドンッドンッと置いてあるので、きっとスピーカーだよな?と思いつつも、間違いなくスピーカーである…という確信が持てなかった。聞いてみるとやっぱりスピーカーだったが、「中古のパーツをネットで買い込んできて、外側は自分で作ったんですよ。」とのこと。

すっげー!

「重い方がいいと思って作り込んでいったら、大人一人で動かせないくらいになっちゃって。はははは。この家を作るときも、スピーカーの下だけ家の基礎を補強してるんですよ。ははははは。」

すっげー!

おれはたいして音楽にウンチクがあるわけではないのだが、ショパンのLP(!)を聞かしてもらうと、本当に目の前にピアノがあるみたいな錯覚を覚えるし、音が大きめでも、違和感のある妙な緊張感もなく、とってもリラックスして聞ける。

「これっていったい、お金いくらくらいかかってるんです?」って聞くと、「うーん、トヨタのクラウンは買えないですけどね。はははは。」って言ってた。でも…、家の基礎代とか考えたら、間違いなくクラウンは買えてるよな。

これぞ、マニアだ!!

CLAYTOWN第2作(ゆうと作)

今度は粘土で作ったロボットもののアニメ。ゆうと作
画面が揺れているように見えるが、これはCLAYTOWNの自動中割機能を使ってみたため。これを使うと撮影するコマ数が少なくて済むけど、でもいまいちかな。

CLAYTOWN…けっこうすごいかも。

…で、そのCLAYTOWNをインストールしてみて、とりあえず処女作完成に至った。コレ。まあ、粘土じゃないんだけどね、でも宣伝文句にあるとおり、5分でできた。
それにしても、CLAYTOWNめちゃくちゃ簡単だ。小学校高学年なら十分扱えそう。マニュアルは最小限だけど、操作する内容も最小限。単にオブジェクトを少しずつ動かして、撮影ボタンをパチパチ押していくだけ。あとサウンドもたくさんサンプルが用意されていて、それも簡単に入れ込むことができる。
だけど隠されているメニューエリアを新たに設定項目が現れて、ちょっと細かい設定もできそう。作品にこだわる人にも応えられるかも。

うーん、これは良い買い物かも、楽しめそうだ。

CLAYTOWNを買った。

2週間ほど前に、とある思いつきから動画作成・編集ができるお手軽ソフトを調べていたところ、面白そうなソフトを見つけた。CLAYTOWNというソフトだ。パッケージはこれ。

Claytown




















手前に写っている容器は粘土で、これもソフトに付いてくる。ということで、このソフトはいわゆるクレイアニメを手軽に作れる…というソフトだ。粘土で作ったオブジェクトをUSBカメラで撮影して、アニメを作るらしい。送料込みで6千円ほどしたが、果たしてその価値は如何に!?今から子供と一緒にチャレンジしてみます。